車 廃車 運輸支局|買い取りサイトをよく見てみると

新型の発売に合わせて、今のクルマを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になりそうでした。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも3社とは出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。

3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、査定額がハッキリと判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく確定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者を逆転して、最高の査定額を提示してきました。ネットでは68万円という金額でしたが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、78万弱までアップしてくれました。

車 廃車 運輸支局|言い切れます今回の買い取り依頼した車も

珍しい車を買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、ある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れやすいとありました。それは海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と言い切れます。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

日本では、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.