車 廃車 豆知識|見積もり査定をお願いしました

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車 廃車 豆知識|カー用品があるお店に行って

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが薄白く見えていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に感じるのです。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、ボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、手軽に艶が出るような商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、とてもピカピカになったのです。母親からいくらかかったと言われました。もう一回出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。古い車だったのでどうなるのかと思っていましたが、希望よりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すための手間などを良く比較してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.