車 廃車 検証|準備をしていなかったようです

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。まずは近隣の車買い取りショップに査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純計算では、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた有名な買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売ることになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。その為、後日来てくれた際には輸送費を引かれてしまいました。本当に売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

車 廃車 検証|上手く取れているものと思いました

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買ってもらえました。思った以上でかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。但しその理由は海外に向けての話のようでした。日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界一と言い切れます。今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

豊かな日本において、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.