車 廃車 委任状 書き方|下取りに出す予定でしたが

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になるところでした。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。結局下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトには複数の業者に出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく確定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を提示してきました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、5万以上高い業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車 廃車 委任状 書き方|大成功だと思っていたのですが

今までしたことはありませんでしたがクルマの買い取り査定サイトを使って、10社で査定比較をしてみました。いつもは馴染みの業者に買い取ってもらっているので、それなりの値段でやってくれていると思い込んでいました。

でも実際に査定を複数もらって理解できましたが、いつも売却している業者は相場程度だったんです。うちよりも高く引き取ってくれるお店はないと話していただけに残念でした。相場より高値で売れれば大成功だと思っていたのですが、もっと高く売れることがわかったのです。

今回売却したクルマの相場は約50万だったのですが、査定を複数取ってみたところ一番高額な業者は70万円を提示してくれました。世間相場の額なら満足だと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは高くも安くもない額ということです。

比較査定をして最高は70万で、第二位の業者は68万までとのことでした。次の3位は57万円と、かなり値が下がったので、上位2業者に出張見積もりをお願いしたのです。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、複数社で比較しないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比較するべきだと書かれていました。

実際に出張査定してもらいましたが、当初70万円を出してくれた業者が62万円と言われました。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万も差があるのですね。ですが68万の業者は、68万でいいよと言ってくれました。結局当初は第二位だった業者が最高額になりましたので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.