車 廃車 名義人死亡|少しでも高い査定会社に

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には今の車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

車 廃車 名義人死亡|査定額に変化が出る事も有ります

前に乗っていたのは、ボンネットの一部分が薄白く見えていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えていました。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが査定価格に影響があると言われました。ならばとカーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。母親からいくらかかったと聞かれたほどです。

そこでもう一度査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、思ったよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気にしていたあの部分も問題なかった様子でした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップと艶を出すための手間などを考えてみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.