車 廃車 代金|無料査定を依頼しました

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。ところが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで手放すことになりました。まずは近隣の車買い取りショップに査定を依頼したところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。単純計算では、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

車 廃車 代金|どこでどんな使い方をされて

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。思った以上で高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、もしかすると海外で活躍するのかもしれないと考えるとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.