車 廃車 ローン|軽自動車を手放す事になり

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してからネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車 廃車 ローン|日本の中古車は世界一と

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で売ることができました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報では予想に反して、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と言い切れます。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

素敵な日本で、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.