車 廃車 やり方|いくつか入力してから

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有台数を抑えてコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してから送信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車 廃車 やり方|車買い取りサイトで

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになっていたのです。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りは止めることにして、買い取り専門店に売却しました。

車買い取りサイトで確認してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、参考的なものであり詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定から売却手続きまでは1時間程度と言われたので、休日にまとめて査定してもらいました。査定の結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、76万円の業者があったことを伝えてみると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.