車 廃車 お金|この車は新車で購入し

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較することにしました。始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車 廃車 お金|と思うお客さんがいて

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこの情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手を想像する楽しさがあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.