車買取 領収書|最初に来てもらった会社は

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。でも素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

車買取 領収書|査定額がつけられたので

長年乗り続けた愛車を、車検のまえに思い切って売却する事にしました。乗り慣れすぎたというのもあって、新車の匂いが懐かしいといった思いが強くなってきたからです。

これまでに比べて、最近は車の燃費も良くなっていて燃料代の節約にもなります。手放す車は高く買い取ってほしい、そういった思いが艶かったので、高く買ってくれると評判の業者を調べました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、売却した額に満足されていることが判りました。これまでならば、買い取り業者に伺って、査定をお願いするというの標準的だと思っていました。しかしそれでは、伝えられた査定価格が適正と言えるのかどうか、私にはわかりません。一括査定サイトを活用した場合、近くの業者の中から高めの金額を提示してくれたショップに売却できるというメリットがあります。

そこで私も、車種や年式や色などを入力して一括査定をお願いしたところ、驚くような査定額がつけられたので、ビックリしてしまいました。直ぐに連絡を入れ話を伺ってみたところ、ネットで提示された額とまず変わらない値段で売却できました。比較サイトを使ってなければ、そう思うだけで冷や汗が出るくらいです。

今回の場合ですが、思わぬ高額となって引き取ってもらったので最高です。いきなり車の売却というと、不安感がある方も多くいると思われますので、まずは世間相場を調べる感じでやってみましょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.