車買う 給料|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

車買う 給料|ピカピカにするための

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分が薄白く見えていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に見えていました。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定額に響いてしまうそうです。

カーショップに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から新しく車を買ったのかと聞かれたほどです。そこでもう一度査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価が出てよかったです。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、より一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。

自動車の買い取りを利用する前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておかないといけませんね。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップとピカピカにするためのワックスなどの費用とを比較してみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。私は1000円の投資で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.