車買う夢|この車の相場がまったく判らないので

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ただ素人の私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車買う夢|車の艶を出しておくなど

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定価格に影響があると言われました。ショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、驚くほどキレイになりました。それを見た人からプロにやってもらったのかと聞かれたほどです。再度買い取りしてもらうための無料査定を受けたところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては特に指摘もありませんでした。白くなってしまっていたところも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもより一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶出しの為の手間などを比較してみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.