車買うなら|チョット待ってほしいといわれました

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車買うなら|と思うお客さんがいて

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で売ることができました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べたところ、そこの情報では予想に反して、珍しい車は高値で買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。今回売った車も国産の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないと考えると夢が膨らみます。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を購入したいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

平和な日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.