車買い取り店|少しでも高い査定会社に

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

車買い取り店|自動車を買い取ってもらうときは

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く売却できました。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車種が高く売れやすいとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも関係していると思います。私の考えも、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。今回売った車も国産車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

この日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.