車売却 査定|少しでも高い査定会社に

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが私には今の車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、色々と入力し送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

車売却 査定|と思うお客さんがいて

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで確認したところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.