車売却プランナー|4万キロの走行距離で

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。ですが私のような素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却プランナー|どんな場所でスタンバイしているのかなど

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。思った以上でかなり高く売却できました。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容では意外でしたが、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の車は世界一と思っています。

今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.