車下取り 解説|比べてみることにしました

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、平均的だと思います。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私には乗っている車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

車下取り 解説|慣れ親しんだクルマを

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。ただそれは特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本の車は世界一と思っています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

この日本において、今後も良質な中古車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.