車下取り 交渉術|査定料は無料です

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取り 交渉術|車検が来る前に手放すことになりました

長年連れ添ってきた車を、車検が来る前に手放すことになりました。若干飽きていたのに加え、別のクルマで走ってみたいといった感じが思いのほか湧いてきたのです。

以前とは違い、最近は低燃費の車が多いので燃料代もコストが抑えられます。手放す車は高く買い取ってほしい、そういった思いが艶かったので、評判の良い買い取り専門業者を探していました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、クルマを売却している方の多くが、その査定額に納得されているようなんです。今までは、買い取り業者に伺って、査定見積もりしてもらうというの標準的だと思っていました。しかしそれでは、伝えられた査定価格が適正なのかどうか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から一番高い金額を提示してくれた業者さんに買い取りの依頼ができるといった良さがあるのです。

さっそく私たちも、車種やボディカラーなど入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、愕然とするような高額査定となっていたので、ただただビックリです。すぐ連絡したら出張してくれたので交渉したところ、ネット査定額と概ね同じような金額で売ることができました。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えてしまうと背筋がゾッとしてしまいます。

今回の場合ですが、思いもよらぬ高額で売れたので大大大満足です。いきなり売却というのも、抵抗感がある方もおられるでしょうから、まずは車買い取り相場を調べる感じで始めてみるのも良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.