クルマ買う 資産価値|最初から伝えておくべきだったなと

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。単純に計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かります。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような準備をしていませんでした。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしも売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

クルマ買う 資産価値|国産メーカーの車ですが

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私の考えも、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

この日本において、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取 お得な車買取一括査定おすすめ All rights reserved.